このままで 本当にいいの? 岡崎市??

現在、岡崎市には、

約38万3336名(H28月4月付)の市民の方が暮らしています。

岡崎市の市議会議員になる為には、選挙で約2500票 以上 集められれば おおよそ 当選ラインです。

 

そこで ウガッて考えてみると、

つまり、約38万3336名の市民の皆さんに目を向けなくとも、

自分に 政党、宗教団体、支持団体、企業、組合、寄り合い等がある場合、その支援者の方だけを見ていれば、自動的に 選挙に 当選する方がいるのです。

 

つまり、政策や理念の良し悪しや  候補者のやる気とか人柄ではなく、

地方選挙は ただの、票集め合戦になっています。

 

これは岡崎市だけの話ではなく、基本的に 全国どこの市町村でも同じです。

そんな事実を、皆さんは考えたことありましたか?

 

市政は 当選ライン以上に 票を集めれば、議員を送り込む組織の思うままになります。

それは市民にとって 意味のある選挙でしょうか? 美しい選挙といえるでしょうか??

 

その中でも、

ブレない、真っ当な 国家観、歴史観、行政観を持ち、よい社会にしようと勉強熱心で

がんばっている 素晴らしい議員さんがいらっしゃいます。

 

その反対で、

生意気な発言をお許し頂きたい のですが…、

・ただただ 市長や有権者に対して、ゴマすり議員になっている人。

反国家 思想を持っている人。

政治家というより ただの政治屋になっている人。

色んなタイプの議員さんがいらっしゃいます。

 

さて、これからの 岡崎市はどの様であるべきか?

今の少子高齢化のスピードを考えると「今のまま」の政治と行政を続けていては、

どれだけ増税しても予算は足らないし、状況は一向に変わりません。

このまま、ダラダラと返せない額の 借金積み上がる

その積み上がった借金は、子や孫の世代に背負わせることになります。

 

私は 本来もっている「岡崎の素晴らしさ」「岡崎の強さ」「岡崎の観光資源」をベースに、

時代にあった 日本一、最高の行政サービスを市民の皆さんに提供すること。

今の岡崎市のあり方を 抜本的に改める必要 があると考えています。

 

あと、自動車業界に依存した経済の状態から抜け出ることができるのか?

先日、三菱自動車の不正事件がありました。

また岡崎市議のセクハラ騒ぎで議会はギクシャクしています。

また昨年は、岡崎市の職員が盗撮事件を2度も起こしています。

もう岡崎市の信頼はボロボロです…。

 

もう悠長に構えている時ではないのです。

もしも今、応援している 議員がお決りの方は、その方を応援してください。

また、友人やご近所さんからお願いされる人、政党、宗教団体、会社、組合、寄り合い等から依頼されている人がいる場合には、その方を応援してあげてください。

 

それ以外の方で、

今の岡崎はマズイ変わらなきゃ岡崎!と感じている方、

ぜひ私と一緒に行動しましょう。

キーワードは、伸びる岡崎か!、変わる岡崎か!

 

行動する 元気な障がい者!

吉田あたろう 


※私、吉田あたろうは、

政党、宗教団体、企業、組合等から、資金的・人的援助は一切受けておりません。