ヘルプマークのお話

☆ヘルプマークのお話

皆さんはご存知ですか? ヘルプマーク。

私のように杖でも持っていれば、体が不自由だと分かってもらえる。

しかし外見から障がいが分からない方だと、当然なかなか理解してもらえない。

 
岡崎市,市役所,市議,へルプマーク 

例えば、

義足、人口関節、内部疾患、精神疾患、難病、妊娠の初期の方など 見た目から障がいのある方や妊娠されている方だと分からない。

もしも街で このヘルプマークを見かけたら、ひと声掛けて 席を譲るなど 思いやりある行動をお願いします。

私、吉田あたろうは ヘルプマークの普及に取り組んでゆきます!

^ ^ 吉田あたろう