命の大切さ

 

相模原市の障がい者施設でおこった殺傷事件。

 
このニュースを知ってから、重い気持ちになり ずっと心が晴れません…。
亡くなった方々にはご冥府をお祈りするとともに、ご家族にはお悔やみを申し上げます。
また怪我をなされた方々は一日でも早く回復なさられることを願っています。
 
 
しかし事件はとても残忍です。

亡くなった方、被害にあった方、ご家族、友人、お仲間…、のことなどを思うとやるせません。
そして犯人の「障がい者なんかいなくなったほうがいい」等の言葉にはとても憤ります。
障がい者、障がい者施設とひとことで言っても色々とあります。重度も。

同じではありません。
しかし命の大切さ、命の重さは変りません。

皆んな一緒です。
私のHPやFacebookをご覧くださっている障がいのある方々で、
とても不安だという方もいらっしゃることでしょう。

 
大丈夫です。
正々堂々と共に生きてゆきましょう。

 

吉田あたろう