岡崎に引っ越し約半年、神様から戴いた 障がいの身体

岡崎に引っ越してきて 約半年。

 

友達 ゼロ。

知り合い ゼロ。

 

頼れる人、助けてくれる人、

当然 ゼロ。

 

名古屋から岡崎に引っ越してきて、どこか遠くの外国にでも連れてこられたかの様な 疎外感 と カルチャーの違いを ずっと感じてきた この半年間…。

私の政治活動は そんな心持ちでスタートしました。

 

でも ここにきて、こんな私と出会う方々は…、

 

いつもFacebook、ブログ見てますよ〜。

応援してます!

なんでも言ってね、手伝うわよ!!

 

そう言ってくれ、仲間が 一人ひとりと増えてきました!

 

また 色々とアドバイスしてくれる 同じ考え方を持った 政治の、人生の大先輩たち。

本当にありがたいです。

いつも勉強になっています。

 

まだまだ 私の輪は とても小さな輪です。

この小さな輪を、もっともっと 大きな “和” にします!!

大きな和と書いて “大和” 。

 

岡崎市,リブラ,選挙,候補者,セクハラ,事件,

 

私は自分の命と引き換えに、神様から戴いた この障がいの身体。

この障がいを活かして、

私と同じく、障がいを持っている方はもちろんのこと、

お年寄り、介護が必要な方、介護をなさる方 等々…、皆さまの代弁者でありたい。

 

世の中のもっとお役に立ちたい。

岡崎をもっともっと いい街にしたい。

そう願うばかりです。

 

吉田あたろう