子供たちの学ぶ大切な教科書。それは皆さんの税金。

☆先日からの続き〜…

 

私が、岡﨑市教育委員会 に提出したモノとは?

さて、あろうことか

先日、教科書会社の各社が、検定中の教科書を 教員らに見せ、金品などを謝礼に渡していた事実が明るみになりました。

まずは 以下の ↓ 報道ニュース、サイトをご覧ください。

 
http://www.sankei.com/life/news/160307/lif1603070048-n1.html

 
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/…/01/news064.html
 
 
http://さざれ石の会.net/archives/256
 
 

これは 教科書業界と 公務員である教育委員会・教師との間で起きた、下記の法律に抵触した重大な「犯罪行為」です。

 

・「刑法第197条(収賄、受託収賄及び事前収賄)及び198条(贈賄)」の違反

・「地方公務員法第29条(懲戒)」の違反

・「独占禁止法」の違反
 
 

上記の「刑法第198条」の違反については、東京地方検察庁に刑事告発も起こっています。
 
そしてこのことは、独占禁止法に基づく規制(「教科書業における特定の不公正な取引方法」)にも逸脱しており、教科書の無償措置法を揺るがす大不祥事です。
 
 

また、子供たちに対し、教育をすべき立場の教員や教科書業界の倫理感が疑われる事件です。

「子供たちに顔向けできますか?」と問いたい思いです。

 

そこで、もしかして、

まさか、、、

岡﨑市教育委員会、岡崎市内の小中学校で、教科書会社から 金品などの謝礼、お歳暮などの物品を受け取っていませんよね。
 
各社より報告されたものは「氷山の一角」にすぎない可能性が極めて高く、

ここで 膿を出し切るためにも、岡崎市教育委員会は 十分調査していただきたい。

という趣旨の 調査要望書を、先日 H28.5.23 日に提出させて頂きました。

 

このことは、本来ならば 岡﨑市議の議員さん方々のお仕事かもしれません。

しかし未だ、岡崎市議の議員さんからは 調査、議題にあげられる気配がない。

また 来月6月の議会でも取り上げられる様子もない…、

なので 私が 岡崎市民を代表しまして、岡﨑市教育委員会 に調査要望書を提出させて頂きました。
 
 

岡崎市は 人口38万人を超え、さらに人口が増え続けている 西三河の中心的な街です。

少々厳しい様ですが、

岡崎市の仲良し体質、見て見ぬふり、村の体質が抜けない様では、 選挙を何回やっても、誰が選挙に出ても同じだし、これからの岡崎市の未来はありません。

 

是々非々 (良い事は良い、悪い事は悪い) でないと、

隠蔽体質のある 某自動車メーカーとなんら変わりません。

 
 
岡崎市教育委員会は これらの問題点について早急に調査し、岡崎市民にとって 透明性が高く、公正な教科書採択が行われることを希望します。

 

と言うわけで 私は今、
 
岡崎市教育委員会 から 調査の結果と返答を待っています。

 

子供たちの学ぶ大切な教科書。

それは 皆さんの税金。

 

信じています。

 

吉田あたろう

.